読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩元の狭間

歩元株式会社の代表が右往左往するブログ

定款作成~定款認証

1月6日 15時くらい

新宿公証役場へFAX。事前認証のお願いをする。

http://www.shinjuku-notary.com/profile.html
たぶん今日か明日中に返事来ると思う。電話は着信可能な状態にしておく。

FAX前に電話電話したところ、紙よりも電子認証(?)のほうが安く済むとの情報を教えてもらった。
紙の場合は4万円の収入印紙が必要になるが、電子認証(?)ならそれがかからない、とのこと。
ただし、電子認証(?)のためにはAdobe正規版が必要とのこと。
そういうのを扱う業者に頼めば1万円程度で請け負ってくれるかも、とのこと。

1月6日 16時くらい

新宿公証役場から確認結果の電話来た。

指摘2点
・5条 100株→1000株
・20条 翌年→当年

手元の定款修正完了。続けて本認証に進む。電子定款を作るための業者を選定する必要あり。
明日は公証役場の担当者様は不在らしいので、申請は明後日(1月8日)予定。

1月9日

電子定款の作成に手間取った。結局業者は使わずに自前でがんばった。

  • 定款の日付を1月9日に変更。
  • 印影スキャン完了。
  • 電子署名完了。
  • 特記すべき事項のテキストファイル作成完了。

これで CD-R に保存すべきファイルの準備完了。要メディア。

1月9日 13:30くらい

定款直し2回目。

電子署名の場合は定款最下部の文言が変わるらしい。

以上,○○○○設立のため,発起人である○○○○は,電磁的記録である本定款を作成し,これに電子署名する。
  平成27年1月9日
  東京都新宿区○○○○
  ○○○○


ちなみに、新宿公証役場の人の話によると、電子署名のマークは実印じゃなくても何でも良いらしい。

1月9日 14:30くらい

FAX送信完了。問題なければ再度PDF電子署名を行い、その後、インターネットでのPDF送信に進む。
PDF送信が完了してから役場に直接赴く形になる・・・はず(?)

出先でのPDF印刷について

遠隔地であったため、PDFの印刷にはセブンイレブンのネットプリンタを使用。1枚20円。
https://www.printing.ne.jp/

出先でのFAX送信について

FAX送信にはセブンイレブンの機材を利用。1枚50円。定款4枚+身分証コピー1枚で計5枚送信。

1月9日 15:10くらい

  • 15時10分くらい … FAX確認OKの連絡あり。
  • 公証役場に持っていく必要があるもの(電話口頭で確認)
    • 印鑑証明書(提出)
    • 印鑑登録カード(提示)
    • 住基カード(提示)
    • 身分証明書(提示)(印鑑登録カード、住基カードに写真が無かったので提示した)
    • 実印(申し込み用紙に押印)
    • 空のCD-R(データ受け取り用)
    • お金:5万2~3千円程度
  • 15時半くらい … 電子署名付きPDF送信完。
  • 15時40分くらい … 公証役場到着。受付。
  • 15時10分くらい … 手続き完了。データ格納済みCD-R受け取り。51,900円支払。4万円分の収入印紙代は確かに浮いた。

出費

  • 支払額内訳
    • 定款認証 50,000円
    • 電磁的記録の保存 300円
    • 同一の情報の提供 1,400円
    • 書面の交付による加算額 200円

計 51,900円

定款認証後の手続き

次は法務局。
火曜までに資本金振込予約(ネット送金)。
火曜の朝イチで法務局行けると良い・・・かも・・・?

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/goannai_index.html

法務局の業務取扱時間
平日
午前8時30分~午後5時15分
※ 午後零時15分から午後1時の間は,登記簿・図面の閲覧等,一部の業務を行っていない庁があります。詳しくは,ご利用いただく法務局にお問い合わせく ださい。

メモ

今回の電子定款でCD-R焼いて持っていったのは意味なかった。

PDFはあくまでもインターネット経由で送る。
インターネットで送信したPDFと、公証役場側で作成してもらう証明ファイルを、
公証役場でCD-Rに焼いてもらうために、空のCD-Rを1枚持っていく必要はある。