歩元の狭間

歩元株式会社の代表が右往左往するブログ

はじめての簿記 (第2回/全4回中)

先生

前回に引き続き税理士の山本たかし先生。

費用

第2~4回は無料。(法人会員の場合)

内容メモ

かなり盛りだくさんであり…雑にメモしていきます。

f:id:kobake:20150419120509j:plain:w300
(C)「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 簿記入門 東山穣」

仕訳帳へ項目を書くときの方法2種

  • 分記法 … 直感的ではある
  • 三分法 … 実用的。簿記ではこれを用いるのが一般的。

分記法メモ

  • 商品 … 資産
  • 現金 … 資産
  • 商品販売益 … 収益

三分法メモ

商品とか商品販売益という言葉が登場しなくなる。

  • 仕入れ … 費用
  • 売上 … 収益
  • 現金 … 資産

現金・当座預金

通過代用証券はお金として扱う。

  • 他人振出小切手
  • 郵便為替証書
  • 配当金領収証
  • 現金 … 資産
  • 当座預金 … 資産

掛取引

  • 仕入 … 費用
  • 買掛金 … 負債
  • 買掛金 … 負債
  • 現金 … 資産

勘定項目

「資産」区分

  • 現金
  • 当座預金
  • 売買目的有価証券
  • 受取手形
  • 売掛金
  • 商品
  • 貯蔵品
  • 前払費用
  • 貸付金
  • 未収入金
  • 未収収益
  • 仮払金
  • 立替金
  • 建物
  • 機械装置
  • 車両運搬費
  • 土地
  • 貸倒引当金
  • 減価償却累計額

「負債」区分

  • 支払手形
  • 買掛金
  • 借入金
  • 未払金
  • 未払費用
  • 前受金
  • 預り金
  • 借受金

「純資産」区分

「収益」区分

  • 売上
  • 受取利息
  • 貸倒引当金戻入益
  • 受取配当金
  • 有価証券利息
  • 有価証券売却益
  • 固定資産売却益

「費用」区分

手形・小切手

手形や小切手を発行するためには当座預金が必要。

小切手はお金としての扱いになる。
小切手は支払期日付き。その日以降に銀行で決済ができる。

値引・返品・割戻

返品されたら返品された分、売上と売掛金をそれぞれ減らすような仕訳をすれば良い。

前渡金・前向金

決済前にあらかじめ額面のいくらかを先に渡しておく。

前渡金は資産として扱われる。
前受金は負債として扱われる。

未払金・未収金

本業以外の代金の後払いは、買掛金ではなく未払金、として勘定する。(どちらも扱いは負債)
同様に本業以外の代金が後払いされる場合は、売掛金ではなく未収金、として勘定する。(どちらも扱いは資産)

仮払金・借受金

何に使うかわからないので、あらかじめ社員に大目にお金を持たせておく。(仮払金)
目的が「旅費」などと分かり、その費用も分かったら、改めて別途精算する。

よくわからないお金が入ってきた場合、借受金、とする。
後日理由がわかれば対象の取引と合わせて精算する。

仮払金は資産。
借受金は負債。

付随費用

仕入れで運送費等かかった場合、それを付随費用と呼ぶが、
仕訳帳では、単に仕入に付随費用を含めた金額を形にする。(細かい情報は摘要に書けば良い)

資産

固定と流動について

一度買った後、それがまた現金に変わるのに時間がかかる場合、それは固定資産。
売掛金や手形等は流動資産

有形固定資産

建物を購入した場合、

(建物) 100 (現金) 100

建物は費用ではなく資産としての扱いとなる。
基本的に、金額が高いものを有形固定資産とする。

値段と使用年数により判断。
f:id:kobake:20150419114655j:plain:w300
(C)「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 簿記入門 東山穣」

無形固定資産

ソフトウェア等。

借入金・貸付金

  • 借入金 … 負債
  • 貸付金 … 資産
  • 受取利息 … 収益